■子供を産むか働くか、どっちが経済に寄与するか?



(出典 woman.bp-labo.com)





1 Miss名無しさん :2017/02/20(月) 20:10:27.75 ID:CoUKhBBT.net

女性の活躍と言うが、経済的に考えた場合どっちが有効なのか
決着を付けようではないか。

まず、結婚適齢期の22-62歳までの40年間、働いたとして
平均400万の年収があると計算して16000万円。
そのうち1億3000万ほどがGDPアップに貢献。
ちなみち国税+地方税+消費税の税収は多く見積もって
4000万円ほどだろうか。
一方、子供を一人産んだ場合は男女あるので、正社員の半分として、
少なく見積もると、上記の半分。税収にして2000万円。ただ、
二人だっと税収は4000万円と同等になる。さらに3人目を産むと
税収にして6000万円。

つまり専業主婦で子供3人産んだ場合の方が、社会に出て働くより
日本経済にも貢献するというわけ。しかも、実際、上記の子供一人あたりは
かなり控えめに見積もった計算なので、実際は2人産んだだけでも、日本経済
に対する貢献度は独身で働くより高い、という結果が。さて?


3 Miss名無しさん :2017/02/20(月) 20:35:47.90 ID:0Xi5IbMf.net

社会貢献のために結婚出産なんて考えないし。
おもんな。


4 Miss名無しさん :2017/02/20(月) 21:03:43.86 ID:oHdJ7czt.net

>>3
そして老後、その社会の世話になるという。。